代表挨拶

最高のビジネスモデル形成

1.三位一体事業の総合利益獲得

2.事業立上の継続から学ぶ、社員満足度一番の就業環境・雇用条件整備

3.お客様を深く知り、仕事を深く知り尽くすことで、お客様へ利益実現する

4.相手を思いやる心の余裕を生み出せ、動くことが楽しくプライドが持てる会社になる

5.安定した賃貸収入を財源に事業拡大を継続する

このビジネスモデルを公開し中小企業の発展に寄与すること

それこそがクボキ最大の強みでもあります。

クボキの強み

グローバル企業展開から
​​​​​​​最高の​​​​​ビジネスモデルを形成する

株式会社クボキは建築事業を主軸としたグローバル企業へと成長することで、最高のビジネスモデルを形成します。 昭和62年7月7日に建設業を創業し、平成6年12月21日には賃貸業を設立し事業を開始いたしました。また平成23年4月14日には宅地建物取引業免許を取得し、不動産業部の開業。続いて平成26年12月19日には有料職業紹介事業の免許を取得し、人財事業部を開業致しました。

クボキ最大の強み

建設業者である我々は工事原価を広く深く掴んでおり、賃貸物件の新築・改修が原価+人件費のみで取得できます。この取得費の差は非常に大きく、不動産デベロッパーと比較して総工費約30%がイニシャルコストより削減されます。この原価戦略を生かし賃貸物件11棟、135戸を保有、平均10%以上の表面利回りにて稼働しております。 この財源が事業拡大と改善に流用され強靭な企業に成長しております。これこそがクボキ最大の強みです。

代表挨拶

株式会社クボキでは建築事業を主軸として建築に関連する事業の展開を行っております。 クボキの三位一体事業の強みとして人財事業部・不動産事業・建築事業部の連携業務です。

1.人財事業部にて「高度外国人人財」を企業様へご紹介

2.ご紹介人財の居住場所の仲介を不動産事業部にて実施

3.人財紹介企業様の増員に伴う工場・事務所の改修、寮の建設・メンテナンス

企業様へ人財をご紹介することで全ての事業部が連携し事業を推進しております。

各事業部の専門特化により業務を単調にスリム化することで、お客様へ注ぐ時間を拡大した結果、リピート率70%を確立しております。 共に働く人財の可能性と能力を最大限に引き出し、全てのスタッフが「成長を実感する」環境を整備しております。

共に成長を実感し充実した人生を過ごしましょう!

ここまでお読みいただきありがとうございました。

当社の考え方に少しでもご興味を持っていただけましたら幸いです。